★約70万冊の蔵書「足立区立中央図書館」さん

約70万冊の蔵書をほこる「足立区立中央図書館」さん。

境内のワークショップテントにて「紙芝居の読みがたり」をされます。

読みがたりの時間は、「13:30~14:00」と「14:30~15:00」の2回。


読みがたりの前は、風船を配布!

読みがたりの後は、再活用の絵本を配布! と、うれしいプレゼントも◎


足立区の図書館では、図書のリサイクルのことを「本のとらばーゆ」と呼んでいるそうです! 図書館で活躍した本たちをぜひお家に連れて帰ってくださいね。


社務所のブースでは終日、図書館のご紹介をされています。

中央図書館さんは、午前9時から午後8時まで開館しているので、お仕事帰りにも寄りやすいのをご存知ですか?

また、こちらのブースでも再活用の絵本を配布されるとのこと。

図書館をぜひ生活のなかに取り入れるきっかけにしてみてください^^


▽足立区立中央図書館

http://www.city.adachi.tokyo.jp/toshokan/shisetsu/toshokan/010.html

▽図書のリサイクル「本のとらばーゆ」

https://www.city.adachi.tokyo.jp/toshokan/chiikibunka/toshokan/30toraba.html

(スタッフ・かわぐち)

千住紙ものフェス vol.3

「紙でつながる人とまち」 足立区を中心として印刷会社数社と出版社およびクリエイターが手をたずさえ、紙の「もの」「こと」でご来場のみなさんとつながるひととき。2018年で、3回目を迎えます。ワークショプ、実演、販売、ライブ、そしておいしい食事と飲みものも楽しめるあたたかな秋のイベントをぜひお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000